2022年11月22日

ティモシーとサラともりのようせい:大好きな絵本


ティモシーとサラともりのようせい―ティモシーとサラのえほん〈9〉 (えほんとなかよし) 大型本 – 2005/8
 〜 芭蕉 みどりの絵本


ティモシーとサラたちかぞくは、もりにでかけて、ふしぎなしょうねんにあいました。
サラは、もりのようせいにちがいないとおもい、みんなにはなします。
そのよる、キャンプをしているとすばらしいそらがみえたのです。


ティモシーとサラは、家族で森へピクニック。木々の紅葉と遠くの山並み。
ページを開きながら、ワクワクしてきます!
ふたりは森の奥に遊びに行き、いたずらなようせいにあいました。
大きな木の枝にたつようせいの絵は、迫力満点、森のパワー。
晩ごはんに戻ると、キノコを届けてくれたもりのようせいと一緒に食べようとおとうさんが、たき火のひをかきたてます。
次のページを開いた瞬間、なんて美しい風景でしょう!感動です。
ちょっと切ないけど、また秋に会えるね。

子供たちが、大好きな絵本 「ティモシーとサラ」シリーズ!(芭蕉みどり作)

大人にも根強い人気のかわいい子ネズミの「ティモシーとサラ」!
優しい色合いの手描きの絵と 心温まるお話は、親から子へいつまでも大切に読みたい。 

小さなお子さんが 喜ぶかわいいイラスト。
じっくり見ると細部にまで丁寧に描かれて、作者の世界観が伝わります。
胸キュンストーリーは、大人でも 純真な気持ちで楽しめますね。

・ ティモシーとサラ たのしいおうち: ティモシーとサラのえほん (16)
(えほんとなかよし) (日本語) 大型本 – 2020/3/4 芭蕉 みどり (著, イラスト)
・ まほうつかいがやってきた (ティモシーとサラの絵本) 単行本 – 1999/1
・ パパのくれたおくりもの (えほんとなかよし―ティモシーとサラのえほん) 大型本 – 1991/11
・ ティモシーとサラ ちいさなとしょかん (えほんとなかよし) 大型本 – 2015/2/10


くり返し読みたい! → 芭蕉 みどりの絵本

 作者のWebサイト(ホームページ)です。 → 「ティモシーとサラのページにようこそ
 


 
ラベル:絵本 子供
posted by ベルル at 05:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇読んだ本より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。