2020年02月01日

2020年2月1日(土)N響定期コンサート

この記事の詳細は、元の記事「パそぼとベルルのあれこれフリーク」をご覧ください。
→ N響定期 コンサート

 
2020年2月1日(土)  N響 定期公演です ♪
第1933回 定期公演 Cプログラム → 機関誌「フィルハーモニー」

ショスタコーヴィチ/バレエ組曲第1番
ショスタコーヴィチ/チェロ協奏曲第2番ト長調作品126
ショスタコーヴィチ/交響曲第5番ニ短調作品47

指揮:ラファエル・パヤーレ
チェロ:アリサ・ワイラースタイン

ラファエル・パヤーレ 〜 定期公演への登場は今回が初めて ということで、楽しみです。

2月定期公演の聴きどころ
ヨーロッパ・ツアーに先駆けて贈るブルックナーとラフマニノフ2月定期公演は
首席指揮者パーヴォ・ヤルヴィと気鋭ラファエル・パヤーレが登場する。

Cプロではベネズエラの「エル・システマ」出身のラファエル・パヤーレが登場する。
ウィーン・フィルへの客演で成功を収めるなど、近年めきめきと頭角を現す俊英が組んだのはオール・ショスタコーヴィチ・プログラム。
《チェロ協奏曲第2番》のソリスト、アリサ・ワイラースタインとは夫婦共演となる。
《交響曲第5番》ではドラマチックな名演を期待したい。
飯尾洋一/音楽ジャーナリスト


 これまでに聞いたN響の定期コンサートから、今日のプログラムと同じ曲や指揮者を探してみましょう。 (Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」)

ショスタコーヴィチ 交響曲 第5番 ニ短調 作品47
・ 2009年10月24日(土) 第1656回 定期公演(土)Cプログラム 指揮:アンドレ・プレヴィン 10月N響定期でプレビンの曲日本初演

・ 2015年2月14日(土) 第1803回 定期公演(土)Cプログラム 指揮:パーヴォ・ヤルヴィ 2月N響定期は庄司紗矢香

・ 2018年1月13日(土) 第1876回 定期公演(土)Cプログラム 指揮:広上淳一 1月N響定期は、広上淳一と五嶋龍

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

 本日の曲と演奏者のCDなどを聴いてみましょう

Shostakovich: Cello Concertos Nos. 1 & 2
アリサ・ワイラースタイン & バイエルン放送交響楽団 & フライブルク・バロックオーケストラ

  

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

 ⇒ N響定期演奏会のまとめ 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ N響定期 コンサート 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
posted by ベルル at 01:40| 東京 ☀| Comment(0) | イベント:音楽&スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。