2019年12月05日

2019年12月7日(土)N響定期コンサート

この記事の詳細は、元の記事「パそぼとベルルのあれこれフリーク」をご覧ください。
→ N響定期 コンサート


2019年12月7日(土)  N響 定期公演です ♪
第1928回 定期公演 Cプログラム → 機関誌「フィルハーモニー」

メンデルスゾーン/「夏の夜の夢」序曲作品21
グラズノフ/ヴァイオリン協奏曲イ短調作品82
ベルリオーズ/幻想交響曲作品14

指揮:ディエゴ・マテウス
ヴァイオリン:ニキータ・ボリソグレブスキー

12月定期公演の聴きどころ
N響に新風を吹き込む3人の若き気鋭が登場
12月は鈴木優人、パブロ・エラス・カサド、ディエゴ・マテウスの3人の若い世代を代表する指揮者たちが登場し、N響に新風を吹き込む。
Cプロは ベネズエラのディエゴ・マテウスが 2015年以来の再登場を果たす。
ベルリオーズの《幻想交響曲》を中心に、色彩感豊かでドラマチックなプログラムが組まれた。
グラズノフの《ヴァイオリン協 奏 曲》では、ロシアの 新星、ニキータ・ボリソグレブスキーが華麗な技巧を披露する。[飯尾洋一/音楽ジャーナリス]

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

 これまでに聞いたN響の定期コンサートから、今日のプログラムと同じ曲や指揮者を探してみましょう。 (Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」)

メンデルスゾーン/「夏の夜の夢」序曲作品21  <== 初めて聴きます。
グラズノフ/ヴァイオリン協奏曲イ短調作品82  <== 初めて聴きます。

ベルリオーズ/幻想交響曲作品14
 2016年1月16日(土) 第1827回 定期公演 Cプログラム 指揮:トゥガン・ソヒエフ
 → 1月N響定期は、若き俊英ソヒエフ
 
指揮:ディエゴ・マテウス  <== 初めて聴きます。
ヴァイオリン:ニキータ・ボリソグレブスキー  <== 初めて聴きます。

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

 ⇒ N響定期演奏会のまとめ 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 ⇒ N響定期 コンサート 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
 
posted by ベルル at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | イベント:音楽&スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。