2018年09月14日

美術展用の単眼鏡が欲しい

美術展・博覧会で 細かいものまで見たいときには、
ルーペや 単眼鏡があるといいですね。
倍率は、4〜6倍 近くで見るのに特化したものがいい!
 小型なのでいつでも持っていれば、もしかしたら、植物観察にも使えるかも。
 バードウォッチングなどの屋外遠距離の観察には、7〜10倍は必要なので 兼用は無理・・・。

嬉しいことに、おしゃれな新しいモデルが 発売されました。
プレゼントにもいいね!

・ Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ アートスコープ レッド  (2016/12/14)
美術鑑賞をより楽しむために欠かせないアイテム。それが単眼鏡です。
近年、日本美術の人気に伴い、観賞用のマルチモノキュラーシリーズと互換性を持たせながら、上品なアルマイト仕上げを施したアート専用モデルです。

 H6x16 11305-7   H4x12 11301-9
  

    〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜

・ Vixen 単眼鏡 アルテスモノキュラーHR6×21 11485-6 (2012/12/12)
色収差が非常に少ないEDレンズ(超低分散レンズ)を採用したハイグレード単眼鏡が新登場!
EDレンズを採用したことにより、色のにじみが極めて少なくなりました。
さらに、レンズのコーティングもフェイズコートで解像度を劇的にアップ、高コントラストも実現しました。
野鳥観察、美術館巡りなど、様々な用途で大活躍の単眼鏡です。

 倍率 : 6倍 対物レンズ有効径 : 21mm
 

これまでの人気・定番

・ Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラーシリーズ マルチモノキュラー (2007/3/2)
メガネをかけたままでも大丈夫なハイアイポイント設計。
約20cmの近距離から焦点を合わせることができ、さらに9.0の明るさを実現している。
ポケットに入るほどのコンパクトサイズで、美術鑑賞などにも最適。ストラップと専用ソフトケースが付属する。
掌に収まる単眼鏡は、必要なときにサッとポケットなどから取り出して使える便利なアイテム。
博物館でガラスケースの中の資料を読んだり、講演会の会場で説明ボードの文字を見たり、ちょっとした場面で重宝する。
見たい対象に20cm程まで近寄ることができるので、ルーペのような使い方も可能。

  4×12 1105-06  6×16 1121-04  
 
 


 
ラベル:プレゼント
posted by ベルル at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 暮らしの工夫と便利・オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。