2018年08月05日

★蚊とデング熱にご用心:虫よけスプレー必携

  身近な山、遠くの山、憧れの山へ行ってみよう!


2014年の秋、猛威を振るった『デング熱』、今年も注意が必要! 特に 蚊にはご用心。
虫さされの薬も ゲットしておきましょう! 山ガールにも必携ね。(*^_^*)♪

 ⇒ Myブログ:★天然ハーブの虫よけスプレー
 ⇒ Myブログ:★子供にも安心、虫よけリングやパッチなど

草むらや木立の中、身近には花壇でも 蚊に刺されることは多いですね。
痒いだけでも我慢できないのに、今怖いのは『デング熱』

熱中症の予防と合わせて、バッグの中には常に、虫除けスプレーを!
 ⇒ Myブログ:☆熱中症対策 しっかり!

一番好きな虫よけスプレーは、これ。平べったい容器なのでバッグに収まりやすいです。
使うバッグやリュック、ポケットにそれぞれ入れて いつでもシュッとスプレーしています。

   


   お肌に! シュ〜ット 虫除けスプレーは必須アイテムです。
   

携帯タイプの虫よけ → 蚊とり 携帯 各種
  


花壇のお手入れには、周囲に散布するタイプがいいかも。
 

 ⇒ Myブログ:★子供にも安心、虫よけリングやパッチなど
 ⇒ Myブログ:★天然ハーブの虫よけスプレー

東京の代々木公園や周辺を訪れた人の間でデング熱への感染が広がっている問題で、東京都が9月3日、公園内で採集した蚊を調べたところ、複数の蚊からデング熱のウイルスが検出。(NHK
デング熱の初期症状は高熱と頭痛、倦怠感。
特徴的なのが、目の奥に感じる骨が折れたときのような痛みだ。
関節の痛みとともに、毛細血管からの出血もある。白目の部分が充血するなどの症状もみられる。
 「一般的な頭痛薬では、症状が重篤化する恐れがある。もしデング熱が疑われるような症状が出たらすぐに専門医に診てもらうこと。自己判断でうかつに薬を服用すると危険だ」(zakzak
蚊に刺されないようにするため、「蚊は色の濃いものに近づく傾向があるので、白など薄い色のシャツやズボンを着る。
虫よけスプレーを服の上からかけるのも効果がある。小まめにかける方がいい」(朝日新聞

posted by ベルル at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | アウトドアと山ガール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。