2019年08月12日

RICOH THETAでぐるりと撮影

デジカメでパノラマ楽しもう
鳥瞰図絵師・吉田初三郎とパノラマ写真 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

ブログの友人が 面白い写真をアップしています。
とある公園で - Spherical Image - RICOH THETA



これってどうやったの? RICOH THETA で撮ったんですって! → RICOHサイト

NEW RICOH THETA SC 360°カメラのスタンダードモデル
・ RICOH デジタルカメラ RICOH THETA SC (ピンク) 360°全天球イメージ撮影デバイス 910741

   

RICOH THETA S 驚きの高画質で写しだすハイスペックモデル
・ RICOH デジタルカメラ RICOH THETA S 360°全天球カメラ 910720


アクセサリーや解説本
    

「RICOH THETA S」は、製品コンセプトである小型・軽量ボディはそのままに、より高画質を求めるユーザーからの要望や、ビジネス用途での高い要求にも耐えうる上位機種として開発しました。
新開発のレンズユニットやイメージセンサーの大型化、最新の画像処理等により、静止画で約1400万画素に相当する高精細な画像での全天球撮影を実現するとともに、大容量データの高速転送を可能にしています。
また、全天球イメージをスマートフォンやタブレット上で確認しながら撮影できるライブビュー機能により、肉眼では想像できない全天球イメージの撮影を、より快適におこなうことができます。
さらに、フルHD注2サイズに相当する高品質で滑らかな全天球動画撮影にも対応し、PCを使用することなくスマートフォン上での全天球動画が閲覧できるなど、画質をはじめとする全ての機能、性能にこだわるユーザーにご満足いただけるモデルとなっています。

    〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜 ☆ 〜 〜 〜 〜

・ RICOH デジタルカメラ RICOH THETA 360°全天球イメージ撮影デバイス 0175760


リコーイメージングは、一度シャッターを切るだけで撮影者を取り囲む全天球イメージを撮影することができる、世界初(2013年10月時点、同社調べ)のデジタルカメラ「RICOH THETA(リコー・シータ)」を発表。11月8日より発売する。
独自開発の超小型二眼屈曲光学系を採用し、上下を含む全天球画像の撮影が可能なデジタルカメラ。本体を傾けた状態で撮影しても、自動的に傾きが補正されるようになっており、撮影時の構えを気にせず簡単に撮影できるという。

  → RICOH THETA
 
ラベル:デジカメ
posted by ベルル at 10:00| 東京 ☁| Comment(0) | デジカメ・ムービーなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。