2014年02月13日

2月N響定期コンサート:ドヴォルザーク

この記事の詳細は、元の記事「パそぼとベルルのあれこれフリーク」をご覧ください。
→ N響定期 コンサート

2014年2月15日( 土) N響 定期公演です ♪
 
第1776回 定期公演 Cプログラム → 機関誌「フィルハーモニー」

 ドヴォルザーク/交響曲 第7番 ニ短調 作品70 → 曲目解説
 ドヴォルザーク/交響曲 第8番 ト長調 作品88 → 曲目解説

指揮:ネヴィル・マリナー
2月定期公演の聴きどころ
 2月の定期公演は、N響正指揮者の尾高忠明がオール・シベリウス・プログラムを、イギリスの巨匠ネヴィル・マリナーが、モーツァルト、ドヴォルザークを特集した2つのプログラムを指揮する。
豊かな色彩と叙情性あふれる ドヴォルザーク・プロ
 Cプロでは、ドヴォルザークの 2曲の交響曲を取り上げる。ドヴォルザークの作品は、作曲当時からイギリスでも高く評価され、1891 年にケンブリッジ大学から名誉博士号を授与された。その記念演奏会で自ら指揮した《第 7 番》と、第 3 楽章の甘くロマンティックなワルツが人気の《第 8 番》を組み合わせた。
 2010年 9月定期と 2011年NHK音楽祭、2年連続でN響とブラームス《交響曲第 1 番》で名演を聴かせたマリナーは、ドヴォルザークの交響曲でも、明晰な指揮で作り上げた豊かな色彩と叙情性、旋律の美しさが際立つ音楽で、ホールを満たしてくれるだろう。


指揮のネヴィル・マリナー (Sir Neville Marriner) → Wikipedia
 N響とは、1979年に初共演して以来、2007年、2010年、2011年にも登場。
 持ち前のバランスのとれた音楽性で好評を博している。

これまでに聴いた N響定期のマリナー
2010/9/11 「9月のN響定期 マリナーとシモニアン」 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

ドヴォルザーク 交響曲 第7番 交響曲 第8番
 

ドヴォルザーク 交響曲 第7番
 

ドヴォルザーク/交響曲 第8番
 

ネヴィル・マリナー
  
posted by ベルル at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。