2011年09月17日

9月のN響定期コンサートは、ブロムシュテットの名演

この記事は、パそぼとベルルのあれこれフリークとほぼ同じです。

暑さも少しゆるみ、芸術の秋ですね。
9月17日( 土)は、 N響 定期公演です ♪

第回1707定期公演  Cプログラム
ブロムシュテットは、両親がスウェーデン人ということもあって、ドイツ・オーストリアと並び北欧の作曲家の作品を数多く聴かせてくれていますが、その一方で、ドヴォルザークやチャイコフスキーなど東欧やロシアの作曲家の作品を、N響で採り上げることがほとんどありませんでした。
今回、そのブロムシュテットがロシアの2つの名曲を指揮することになりました。
ラフマニノフ《ピアノ協奏曲第3番》では、ノルウェー生まれの実力派で、2010年にこの曲のCDをリリースし、完成度の高い演奏をしているレイフ・オヴェ・アンスネスをソリストに迎えます。
後半は、チャイコフスキー《交響曲第5番》。
いずれも、ブロムシュテットがN響で初披露する作品です。
 
ラフマニノフ / ピアノ協奏曲 第3番 ニ短調 作品30
チャイコフスキー / 交響曲 第5番 ホ短調 作品64
 指揮  ヘルベルト・ブロムシュテット
 ピアノ レイフ・オヴェ・アンスネス


アンスネスの、ラフマニノフ 第3番 ステキな演奏でした。
 ラフマニノフらしい香りがただようピアノとオーケストラのハーモニー。

チャイコフスキー第5番、おなじみの曲だけに期待が大きい。
ブロムシュテットの指揮ぶりは若々しく、音楽は品があってしかも訴えかけてくるものがある。
終曲間じかの盛り上がりは、指揮とオーケストラが一体となって ゾクゾクするくらいの迫力。
 終わらないうちに思わず拍手した人の気持ちもわかります!

ブロムシュテットは、去年4月の定期で 2回聞きました。
 そのときも、どちらもすばらしかった。
 ⇒ Myブログ「ブロムシュテットのマーラー9番」
 ⇒ Myブログ「ルドルフ・ブフビンダーのピアノ」

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

♪ 本日のソリスト:レイフ・オヴェ・アンスネスの演奏

  


♪ 本日の指揮者:ヘルベルト・ブロムシュテットの演奏

  


♪ 本日の曲目:
ラフマニノフ:自作自演 ピアノ協奏曲第2番 & 第3番
チャイコフスキー:交響曲第 4〜6番 レニングラード管弦楽団 ムラヴィンスキー

   

 → ラフマニノフ ピアノ協奏曲第3番 CDや楽譜など
 → チャイコフスキー 交響曲 第5番 CDや楽譜など
posted by ベルル at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。