2010年11月20日

11月のN響定期コンサートは、マーラーの「復活」

この記事は、パそぼとベルルのあれこれフリークとほぼ同じです。

11月20日 (土)N響 第1686回 定期公演 Cプログラム 
めずらしく早めに着いたので、
開演前の室内楽を、いい場所で楽しめました。
曲目は、R.シュトラウスの 「ティル・オイレンシュピーゲル」を
ハーゼンエールが編曲した「もう一人のティル・オイレンシュピーゲル」
ヴァイオリン、クラリネット、ホルン、ファゴット、コントラバス、
 おなじみのメロディが、アンサンブルで流れます。
11月定期は、生誕150年を記念して昨シーズンからスタートした「マーラー・シリーズ」。
N響初登場となるドイツの指揮者マルクス・シュテンツが《交響曲第2番「復活」》を振ります。シュテンツは、マーラー交響曲全集を録音中で、注目を集めています。
ソリストのクリスティアーネ・リボーアとアンネ・フォンドゥングは、いずれもドイツを中心に世界各地の歌劇場で活躍している歌手で、N響初登場となります。
《交響曲第2番》の醍醐味は合唱が加わる終楽章で、その盛り上りはCDでは味わえないホールならではの感動をもたらしてくれます。

本日は、マーラー の 交響曲 第2番 ハ短調「復活」。
これ 1曲 ♪ 超大作です。

指揮は、N響初の マルクス・シュテンツ
 ソプラノ|クリスティアーネ・リボーア
 アルト|アンケ・フォンドゥング
 合唱|東京音楽大学

この曲は、びっくりするような大編成、パイプオルガンや、鳴り物もたくさん。
 ステージの裏からも、楽器が響く。

ところが、今日の演奏はすばらしく、落ち着いた演奏でした ♪
 大音量もうるさいなんてこともなく、爽やかに音に包まれた感じ。
合唱が 特に美しく響き、いい雰囲気。
 
指揮者マルクス・シュテンツの 他の演奏も聴きたくなりました。

♪ ドイツの指揮者シュテンツ が 得意とするマーラー

Symphonie No 4 'das Hi (CD - 2010)
 Gustav Mahler (作曲)
 Markus Stenz (指揮)
 Cologne Gürzenich Orchestra (オーケストラ)
 Christiane Oelze (Soprano)
Mahler: Symphonie No 4  (CD - 2010)

Symphonie No.5 (CD - 2009)
Gustav Mahler (作曲)
Markus Stenz (指揮)
Gürzenich Orchestra (オーケストラ)
Mahler: Symphonie No.5  (CD - 2009)

♪ マルクス・シュテンツは、現代音楽の活躍でも評価が高い。

交響曲第8番 他 (CD - 2007)
 ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ (作曲)
 マルクス・シュテンツ (指揮)
 ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 (オーケストラ)
 クラウディア・バラインスキー (演奏)
ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ: 交響曲第8番 他 / ハンス・ヴェルナー・ヘンツェ (作曲); マルクス・シュテンツ (指揮); ケルン・ギュルツェニヒ管弦楽団 (オーケストラ); クラウディア・バラインスキー (演奏) (CD - 2007)

♪ 他にもあります → Markus Stenz (マルクス・シュテンツ) のCD

マーラー:交響曲第2番「復活」 / 小澤征爾 (指揮); マーラー (作曲); 関屋晋 (指揮)
マーラー:交響曲第2番「復活」 / 小澤征爾 (指揮); マーラー (作曲); 関屋晋 (指揮); サイトウ・キネン・オーケストラ (演奏) (CD - 2008)

 ♪  −−  ♪  −−  ♪  −−  ♪

日本版Amazon MP3がスタート、DRMフリーのMP3を 1100万曲以上とりあつかい ♪

クラシック音楽も多数取り扱い。
現在、ロンドン交響楽団の来日記念として、
名盤タイトルを700円からのお買い得価格で提供中。



この日の代々木公園のイベントは、
⇒ 青空 写真展 〜 Myブログ「パそぼとベルルのあれこれフリーク」
posted by ベルル at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。