2009年12月12日

12月のN響定期コンサートは、シュタインバッハーのバイオリン

この記事は、パそぼとベルルのあれこれフリークとほぼ同じです。

2009/12/12  (土)
N響定期コンサートに行く。 

NHKホールの近くの通り
 

N響定期コンサート
クラシック音楽のなかには、演奏される機会は少なくとも、素晴らしい作品がたくさんあります。
シャルル・デュトワは、これまでオネゲル《火刑台上のジャンヌ・ダルク》、ダルラピッコラ《とらわれ人》、シマノフスキ《スターバト・マーテル》《ロジェ王》など、そうした「隠れた名曲」の数々をN響とともに紹介してきました。
今回は、ヤナーチェク《グラゴル・ミサ曲》を採り上げます。N響でこの曲が演奏されたのは、1981年10月(指揮はチェッカート)のこと、約30年ぶりの演奏となります。
前半では、アラベラ・美歩・シュタインバッハーが、チャイコフスキーの名曲《ヴァイオリン協奏曲》を弾きます。シュタインバッハーは、2007年10月定期でベートーヴェンの《ヴァイオリン協奏曲》を披露し、若手ながらこの年の「ベスト・ソリスト」で第3位となりました。今回、どんな演奏をするのか期待が高まります。

指揮は シャルル・デュトワ
♪ 馴染み深い チャイコフスキー / ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35
    ヴァイオリン|アラベラ・美歩・シュタインバッハー 
(アンコールは、クライスラーの「レチタティーボとスケルツォ」 これがまたすばらしい)

♪ 全く始めて聞く ヤナーチェク / グラゴル・ミサ曲
   パイプオルガンがすごい迫力、合唱もすばらしい。 
   ソリストの歌声は ついオペラの声を期待するのか、ちょっと物足らなかった。


アラベラ・美歩・シュタインバッハーのバイオリンを聴こう ♪

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番作品77 他 [Import]

ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番作品77 他 [Import]

  • アーティスト: ショスタコーヴィチ,アンドリス・ネルソン,バイエルン放送交響楽団,アラベラ・美歩・シュタインバッハー(Vn)
  • 出版社/メーカー: ORFEO
  • 発売日: 2006/12/12
  • メディア: CD



ヤナーチェクのグラゴル・ミサ

ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

ヤナーチェク:グラゴル・ミサ

  • アーティスト: アンチェル(カレル),プロコフィエフ,ヤナーチェク,ヴェセルカ(ヨゼフ),チェコ・フィルハーモニー管弦楽団,ヴォドラーシカ(ヤロスラフ)
  • 出版社/メーカー: コロムビアミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2008/06/18
  • メディア: CD



チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

メンデルスゾーン&チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲

  • アーティスト: ハイフェッツ(ヤッシャ),チャイコフスキー,メンデルスゾーン,ライナー(フリッツ),ミュンシュ(シャルル),室内管弦楽団,シカゴ交響楽団,ボストン交響楽団
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2007/11/07
  • メディア: CD



posted by ベルル at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。