2010年04月10日

4月はN響定期コンサートを2回、ブロムシュテットのマーラー9番

この記事は、パそぼとベルルのあれこれフリークとほぼ同じです。

2010/4/10 (土)
夜は、N響コンサートのチケットをいただいたので、聴きにいきます。
NHKホール前の風景

名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテットは、19世紀末のふたりの交響曲作曲家マーラーとブルックナーの作品を得意としています。
ここ最近は、N響でマーラーの交響曲を採り上げていませんでしたが、マーラー・シリーズの一環として、この作曲家が完成させた最後の交響曲、《第9番》を指揮します。マーラーが生涯を通して追究してきたテーマ「死」の集大成とも言えるこの名作で、ブロムシュテットは私たちに深い感銘を与えてくれるに違いありません。

マーラーの9番、すばらしい演奏。
ヘルベルト・ブロムシュテットの指揮、パワーあふれる熱演。
演奏が終わって、楽員がステージを去るときも まだ拍手が鳴り止まず、
 指揮者(ブロムシュテット)が 再度登場し 挨拶するほど!


ブロムシュテットのマーラー 2番を聴いてみよう。

Symphony 2

Symphony 2

  • アーティスト: Gustav Mahler,Herbert Blomstedt,Charlotte Hellekant,San Francisco Symphony Chorus,San Francisco Symphony Orchestra,Ruth Ziesak
  • 出版社/メーカー: Decca
  • 発売日: 1994/09/20
  • メディア: CD



マーラー 9番 いろんな指揮者を聴きたいね ♪

マーラー:交響曲第9番

マーラー:交響曲第9番

  • アーティスト: マズア(クルト),マーラー,ニューヨーク・フィルハーモニック
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2000/06/21
  • メディア: CD



posted by ベルル at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。