2011年05月21日

ボローニャ歌劇場 2011

イタリア統一150周年 特別企画 ボローニャ歌劇場来日

ボローニャ歌劇場 日本公演 2011 公式ホームページ
 ベッリーニ 清教徒
 ヴェルディ エルナーニ
 ビゼー   カルメン

♪ まずは、上演されるオペラの最高の舞台を ♪

  


♪ 今回の見どころと、出演歌手

清教徒 〜 100年に1人のテノール、フローレスを今聴くことができることと言っても過言ではない。ハイCよりも高い音が何度も出てきて、オペラ史上最高音をテノールに要求する、本場イタリアでも上演至難な『清教徒』を遂にフローレスで、日本で実現!
ランカトーレ、ガザーレ等、当代の純イタリアン・ベストメンバーの瑞々しい声を揃え、ブルーを基調とした美しい新演出の装置も見逃せない。

(T)フアン・ディエゴ・フローレス → フローレスの曲 
 

(S)デジレ・ランカトーレ → ランカトーレの曲


(Br)アルベルト・ガザーレ ALBERTO GAZALE


(Bs)ニコラ・ウリヴィエーリ Nicola Ulivieri 


  


エルナーニ 〜 本邦初上演!「ポスト・パヴァロッティ」のリチートラを主演に、敢えて純イタリア系最高の歌手陣を揃え、「エルナーニの第一人者」パルンボの熱血タクトで上演。 デ・トマージ演出の、ベラスケスやレンブラント絵画のような、伝統的様式美の装置、衣裳は近年の外来オペラ公演にない豪華さ!

(S)ディミトラ・テオドッシュウ dimitra theodossiou


(T)サルヴァトーレ・リチートラ Salvatore Licitra → リチートラの曲

 

カルメン 〜 鬼才アンドレイ・ジャガルスによる斬新な演出と、それにふさわしい、オペラという枠を超えた真の歌唱力と演技力を併せ持つ、オペラ界のベスト4歌手が揃い、現代の「オペラ・ドラマの頂点」が日本で実現。

(Ms)ニーノ・スルグラーゼ  Nino Surguladze


(Br)パウロ・ショット 


(T)ヨナス・カウフマン → ヨナス・カウフマンの曲

(S)アレッサンドラ・マリアネッリ Alessandra Marianelli

  

オペラの世界、歌手の声と演技を堪能しよう。
 → ボローニャ歌劇場の音楽
ラベル:音楽 CD・DVD
posted by ベルル at 20:00| 東京 🌁| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

5月のN響定期コンサートは、イッサーリスのチェロ

この記事は、パそぼとベルルのあれこれフリークとほぼ同じです。

5月14日( 土) N響 定期公演に行きました。
5月定期を指揮するのは尾高忠明。
近年の尾高の活躍は目覚しく、札幌交響楽団音楽監督として活躍する一方で、
2010年1月からN響正指揮者とメルボルン交響楽団首席客演指揮者に同時に就任し、
今シーズンからは新国立劇場オペラ部門芸術監督となることも決まっています。
尾高のプログラムは、得意のイギリス音楽からウォルトン《チェロ協奏曲》とエルガー《交響曲第3番》を採り上げます。
N響初演奏のウォルトン《チェロ協奏曲》では、イギリスの鬼才スティーヴン・イッサーリスがソロを務めます。

第1701回 定期公演 Cプログラム

ウォルトン / チェロ協奏曲
エルガー / 交響曲 第3番(ペイン補筆完成版)
指揮 尾高忠明
チェロ スティーヴン・イッサーリス Steven Isserlis

( * 残念ながら・・・「開演前の室内楽」は中止。)

ウォルトンのチェロ協奏曲演奏は、初めて聞くためか、
 イッサーリスのチェロとN響の音質があっていない気がして、ぴんとこなかった。

イッサーリスのアンコールは、弓を使わない曲なのに すごくよく響く音ですばらしかった。
 他の曲をぜひ聴いてみたい!

エルガーの交響曲 第3番は、本人の作じゃないためだろう・・つまらない曲だった。

    ♪ −−−− ♪ −−−− ♪ −−−− ♪

プログラムと演奏者にちなんだ演奏CDを探しました。♪

尾高忠明のエルガー1番  
  ポール・ダニエルのエルガー3番
    エルガー&ウォルトン:チェロ協奏曲
   

♪ 尾高忠明 → Tadaaki Otaka の演奏

♪ スティーヴン・イッサーリス → Steven Isserlisの演奏
 
  

スティーヴン・イッサーリスの著書 と 尾高忠明
  

♪ 作曲家とその作品
ウィリアム・ウォルトン(Sir William Turner Walton)William Waltonの曲
エドワード・エルガー(Sir Edward William Elgar)Edward Elgarの曲

♪ ウォルトンのチェロ協奏曲は、偉大なチェリスト、グレゴール・ピアティゴルスキー のために書かれた。
ピアノのアルトゥール・ルービンシュタイン、ヴァイオリンのヤッシャ・ハイフェッツとともに、「百万ドル・トリオ」と呼ばれた。

  
posted by ベルル at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | コンサートなど | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

テストです

2008年5月
先日から、うまく記事のUPができなくて どうしちゃあたのかなぁ ??? と 首をひねっていました。

きょうはどうかしら? テストですが、・・・。

 うまくいったようです! ほっ

写真は どうでしょう?
bw_uploads/UklNRzU3NzWXW5BIXzQwMA_1.jpg

 うまくいったようです! ほっ わーい(嬉しい顔) 何が原因だったのかしら? まぁいいや うまくいったから!

FC2、Goo、など 他ブログの 写真のリンクは 表示されませんね!

jugemの写真は、表示したり しなかったりで、期待すると・・・裏切られそう。

2011/05/10 追記
jugemの写真は、表示しても時間がかかるので、全部貼りなおします。がんばるよ!

    ♪ −− ♪ −− ♪ −− ♪

2015/09/28、2015/12/11 追記

jugemの写真、一応表示させておきます。(特に時間がかかることはないようです)


ちなみに、Gooの写真は、リンク表示できます。
 

FC2は、できません。o(*'o'*)o

 
posted by ベルル at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | このブログのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

◆ 本:世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ‾

mediamarkerより 2018/10/23
 
キーワード : 経済・ビジネス @図書館 生き方・考え方


更新日:2011年05月30日  読了: 2011年05月18日

2011/5/3 予約 5/13 借りて読み始める。5/18 読みおわる

「緑のアイデア」 の著者ということで、読んでみよう!

世界一の庭師の仕事術 ‾路上花屋から世界ナンバーワンへ‾
石原和幸 / WAVE出版 (2009-03-23) / 1,512円

 

強烈な個性の著者の人生、圧倒されます。
夢を語って実現しちゃう、けれど失敗もする。考える、実行する。 
庭師としての活動については、おもしろどきどき、映画になりそうなストーリー。
後半に書かれた、仕事と生き方については、どんな職種の人にも、すべての人にヒントになる、前向きの生き方論です。

ランチには、「flower&cafe 風花 (カザハナ)」へ 特別な日には「天空の庭 星のなる木」に行ってみたい!

Myブログ「Niwa niha Hana」もみてね
 ⇒ グリーンカーテン プロジェクトだよ
 ⇒ 花は野にあるように 

内容と著者は → [more]

続きを読む
posted by ベルル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇読んだ本より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

5月のカレンダー

  5月の暦です。 フジ(藤)の季節ですね。



 ⇒ フジ 〜 Myブログ「Niwa niha Hana」
 ⇒ フジ 〜 Myブログ「散歩道の野草と風」

テンプレートを、 「桜:右サイド」 から 「てんとうむし:右サイド」 に変更しました!
カテゴリーに「文房具」を追加しました。
デジタルの時代だからこそ、それを超える!?『アナログ文房具』は大人気!
もちろん最新の 『デジタル文房具』、ステイショナリーも見逃せない。

Myブログたちの4月のまとめです。 みてね!
 ⇒ パそぼとベルルのあれこれフリーク:4月
 ⇒ ベルルの気ままなブログ:4月
 ⇒ ベルルのお絵かき・ふりーく:4月
 ⇒ Niwa niha Hana(庭には花):4月
 ⇒ 散歩道の野草と風:4月


こちらもどうぞ!
 ⇒ pasoboのバインダー(本棚)
 ⇒ Myブログ最近記事一覧へ
 ⇒ パそぼのおすすめコーナー集
 ⇒ MyHP TOP

posted by ベルル at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | あとりえ「パ・そ・ぼ」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする